プロフィール

吉田大志(よしだたいし):弁護士:東京弁護士会所属
大学院修了後、東京都の外郭団体で公共用地取得業務全般に従事。主に不動産取引において、買い手の論理、売り手の利益状況を複眼的に理解し、調査能力を駆使して、問題の解決を図るために粘り強く活動を続けてきた。
弁護士に転身後は、「真理は細部に宿る」をモットーに、事案に含まれる種々の問題を詳細かつ丁寧に分析し、クライアントの立場を深く理解した上で、最善の結論を探るべく努力している。
「クライアントと利益を共有すること」を最も大切に活動しており、クライアントが抱えるリスクを充分に認識し、クライントが最大の利益を得られる可能性を常に考え、クライアントに寄り添い、共に戦う姿勢を維持し続けることのできる弁護士である。

経歴

東京都新宿区出身
成蹊大学法学部卒業
中央大学大学院修了
成蹊大学大学院法務研究科修了

公益財団法人勤務
弁護士登録(東京弁護士会)
松尾千代田法律事務所

得意分野

不動産取引関連法
企業法務(危機管理)
不法行為法
親族法(相続、離婚、後見)
刑事事件
PAGETOP